和の世界「茶室」施工事例

こちらは鶴岡市内の施主様の茶室の施工事例です。

露地(ろじ)と呼ばれる庭の木々や花を眺め、飛び石の上を渡りながら茶室へ向かいます。茶の湯では京間の畳が基準になっており一般家庭で使われる畳のサイズよりも大きいものになります。こちらの茶室も本格的な京間で造っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

2021年もどうぞよろしく